医療保険

医療保険は、保険期間、保険料払込期間が共に「終身」の場合、支払った保険料は全額損金算入となりますが、保険期間が「終身」、保険料払込期間が60歳などの有期払込の場合は、保険期間と保険料払込期間の経過が対応しないため、以下のように取り扱うこととされています。

保険期間「終身」、保険料払込期間「有期払込」の経理処理

保険料払込期間中の処理
損金算入対象保険料と前払保険料

各年度の損金算入対象保険料と前払保険料を計算する必要がありますが、保険期間が終身である為、計算上の満期到達年齢を「105歳」として計算します。

保険料払込期間後の処理

下記の計算式により算出した金額を資産計上額より取り崩して損金の額に算入します。

※普通死亡給付金が高額とされる医療保険については、取り扱いが異なります。

経理処理例

  • 契約者・・・法人
  • 被保険者・・・役員・従業員の全員
  • 死亡保険金受取人・・・法人
  • 契約年齢・・・40歳30名
  • 保険期間・・・終身
  • 保険料払込期間・・・終身
保険料支払時の経理処理

・保険料100,000円を支払った。

借 方 貸 方

支払保険料

100,000円


現金・預金

100,000円


ポイント

保険期間、保険料払込期間が共に「終身」の場合、全額損金算入となります。ただし、役員または特定の使用人のみを被保険者としている場合は、当該役員または特定の使用人の給与となります。


保険事故発生時の経理処理

・従業員1名が病気で入院し、入院給付金として300,000円を受け取った

借 方 貸 方

現金・預金

300,000円


雑収入

300,000円


ポイント

給付金の全額を雑収入とします。


※上記の経理処理は一例です。保険料払込期間などによって経理処理は異なります。
※上記の保険料、保険金額等は、説明のために簡単な数字を使用しています。

根拠となる法令等

  • 平成13年8月10日付課審4-100
    法人契約の「がん保険(終身保障タイプ)・医療保険(終身保障タイプ)」の 保険料の取扱いについて
提携会計事務所紹介

私たちスリー・エルは、全国の有力な会計事務所と提携し、保険から税務までトータルでサポートしいています。是非、最寄の提携会計事務所までご相談ください!!

※当ホームページに記載している税制は、平成27年5月現在のものです。
※税務・会計処理の際には、必ず所轄の税務署や弊社提携会計事務所等の専門家へご相談ください。

1つ前のページへ戻るpagetop