財産のリスクへの備え リスクコンサルティング

建物などの不動産や動産も企業の大切な財産です。店舗の火災や倒壊などによる損害は企業経営を脅かします。

隣の家屋や工場からの「もらい火」や地震、台風などの災害は、どんなに自社で気を付けていても防ぐことが出来ません。 台風による被害では、1991年の台風19号(支払保険金:約5,679億円※)、2004年の台風18号(支払保険金額:約3,874億円※)など、記録的な被害が発生しています(※日本損害保険協会調べ)。また、世界でも有数の地震多発国であるわが国では、地震による甚大な被害が発生しています。

風水害等による保険金の支払い

1.過去の高額支払保険金(災害例)

順位 災害名 地域 年月日 支払保険金
(単位:億円)
火災・
新種
自動車 海上 合計
1 平成3年台風19号 全国 1991.9.26~28 5,225 269 185 5,680
2 平成16年台風18号 全国 2004.9.4~8 3,564 259 51 3,874
3 平成11年台風18号 熊本・山口・福岡等 1999.9.21~25 2,847 212 88 3,147
4 平成26年2月雪害 関東中心 2014.2月 2,318 217 - 2,536
5 平成10年台風7号 近畿中心 1998.9.22 1,514 61 24 1,599
6 平成16年台風23号 西日本 2004.10.20 1,112 179 89 1,380
7 平成18年台風13号 福岡、佐賀、長崎、宮崎等 2006.9.15~20 1,161 147 12 1,320
8 平成16年台風16号 全国 2004.8.30~31 1,038 138 35 1,210
9 平成23年台風15号 静岡・神奈川等 2011.9.15~22 1,004 100 19 1,123
10 平成12年9月豪雨 愛知等 2000.9.10~12 447 545 39 1,030

<一般社団法人 日本損害保険協会調べ>


地震による保険金の支払い

1.地震保険金支払額順

  地震名 発生年月日 支払保険金
(単位:億円)
1 平成23年東北地方太平洋沖地震 2011年3月11日 12,579
2 平成7年兵庫県南部地震 1995年1月17日 783
3 宮城県沖を震源とする地震 2011年4月7日 323
4 福岡県西方沖を震源とする地震 2005年3月20日 170
5 平成13年芸予地震 2001年3月24日 169
6 平成16年新潟県中越地震 2004年10月23日 149
7 平成19年新潟県中越沖地震 2007年7月16日 82
8 福岡県西方沖を震源とする地震 2005年4月20日 64
9 平成15年十勝沖地震 2003年9月26日 60
10 平成20年岩手・宮城内陸地震 2008年6月14日 55

<日本地震再保険株式会社調べ(2014年3月31日時点)>

このように、年々増加している台風や大雨、地震などにより、建物や自動車などの財産に甚大な損害を被っているのです。上記の金額は、保険金支払額ですから保険を掛けられていないものを含めて考えると、被害額はもっと大きいといえるでしょう。保険はこのような「万一」に備え加入するものです。皆様がどんなに注意を払われていても、防げない被害もあるのです。保険を活用し、会社の財産に万一のことがあった場合に備え、十分な保障を確保しましょう。

財産のリスクへの備えとして活用できる保険

店舗総合保険

動産総合保険

自動車保険・自賠責保険


貴社にぴったりの保険はどれ??

弊社ではお客様に安心してご加入頂けるよう、ご希望により貴社までお伺いし、十分にお話を聴いたうえで貴社に最適な商品をご提案いたします!!また、ご希望に応じて税務・会計の専門家も同行し、保険から税務までトータルでサポート致します。

法人節税等のお問い合わせはこちら!!

※当ホームページに記載している税制は、平成27年5月現在のものです。

※税務・会計処理の際には、必ず所轄の税務署や弊社提携会計事務所等の専門家へご相談ください。

1つ前のページへ戻るpagetop