皆様には本当に信頼できるパートナーがいますか?

保険に加入した後、保険のメンテナンスや税務面のケアまで、きっちりとした対応を受けられてますか?
全国の有力な会計事務所と提携してる私たちなら、保険から税務のことまでトータルでサポート!!

事業承継・相続対策

多くの中小企業では、経営者の皆様に万一のことがあった際、奥様やご子息が会社を引き継がれることが多いと思います。その際、会社の株式も相続されることになると思います。経営者に万一のことがあった場合、事業承継の問題の一つになってくるのが、この自社株の相続です。

相続した株式が上場会社の株式であれば、簡単に株式市場で売却することが出来ますので、売却し納税資金に充てることが出来ます。しかしながら、中小企業の株式の場合、市場における流動性はありません。いい換えれば、簡単に誰かに売却して換金することができないのです。それでも相続税は課税されてしまいます。 さらに株式の相続には、株式評価が必要になります。額面金額を相続するわけではありません。この株式評価によって、額面の何倍、何十倍もの相続税評価額になる株式もあります。その結果、相続税額が思いもよらない金額になってくるケースもあります。“換金できないものを相続しているのに、相続税額が跳ね上がってしまう”のです。中小企業の経営者(正しくいえば、未公開会社のオーナー)にとって、この重税感は否めないと思います。

そこで、このような問題を解決する為に、“金庫株”を使います。金庫株とは、会社が発行した株式を、発行後にその会社自身が取得し保有している株式のことをいいます。つまり、相続した株式を会社に買い取ってもらうのです。もちろん、個人で相続税を納税できるだけの現金があれば、金庫株を使う必要はありません。思いもよらない金額の相続税を納税しなければならなくなった時に、相続税の納税資金として必要な分だけを会社に買い取ってもらえばよいのです。

ただし、この金庫株にも問題があります。会社に株式を買い取ってもらうわけですから、当然、会社に株式の買取資金が必要になります。会社に十分な蓄えがない場合は、事前の準備が不可欠となります。

そこで、保険を有効に活用することをお勧めします。 保険を有効に活用すれば、無理なく事業承継のための準備をすることが出来ます。また、保険には損金扱いできるものや解約返れい金が高いものなどさまざまな種類のものがあり、上手に活用すれば、保障だけではない特典も付いてきます。 さらに、相続税の非課税枠を活用した対策や年金保険を活用した評価減対策など、相続税額を抑える対策にも活用できます。

このように保険にはさまざまな相続対策に活用できるものがあります。しかしながら、いずれの対策を採るにしても、法人の経営状況や個人の財産の状況等を総合的に捉えた上で、最適な方法を採る必要があるのではないでしょうか? 私たちスリー・エルは皆様に最適な商品をご提案致します。是非、私たちにご相談ください。

事業承継・相続対策として活用できる保険

長期平準定期保険

終身保険

年金保険


貴社にぴったりの保険はどれ??

弊社ではお客様に安心してご加入頂けるよう、ご希望により貴社までお伺いし、十分にお話を聴いたうえで貴社に最適な商品をご提案いたします!!また、ご希望に応じて税務・会計の専門家も同行し、保険から税務までトータルでサポート致します。

お問い合わせはこちら!!

※当ホームページに記載している税制は、平成27年5月現在のものです。

※税務・会計処理の際には、必ず所轄の税務署や弊社提携会計事務所等の専門家へご相談ください。

1つ前のページへ戻るpagetop