長期傷害保険

長期傷害保険は、ケガでの入院、手術、通院費用や不慮の事故による死亡や後遺障害を保障する保険です。保険会社によっては感染症による入院や通院なども保障してくれるものがあります。
また、法人向けの商品も販売されており、通常の傷害保険と比べると解約返れい金が非常に高水準に設定されていますので、従業員のケガによる入院や通院、死亡などの保障を確保しながら退職金の準備としても活用できる保険です。

長期傷害保険の保障内容(例):終身タイプの場合
ご入院 ケガ・感染症による入院 1日につき10,000円 など
手術 ケガ・感染症による手術 種類により10万円、20万円 など
通院 ケガ・感染症による通院 1日につき5,000円 など
障害 不慮の事故による障害 第1級 2,000万円
第2級 1,500万円
第3級 1,000万円 など
死亡 不慮の事故・感染症による死亡 2,000万円 など

※保障内容は保険会社によって異なる場合があります。また、入院給付金や通院給付金の支払いには日数制限がある保険会社もあります。

長期傷害保険の保険期間は?

長期傷害保険の保険期間は「終身」のものがほとんどですが、中には10年といった期間が定まったものもあります。保険料払込期間は、55歳、60歳、65歳、終身払などがあります。

長期傷害保険の解約返れい金は?

長期傷害保険の解約返れい金は高水準で、特に法人向けに販売されているものについては、支払った保険料の100%を上回る返戻率になるものもあります。この特長を活かし、従業員の福利厚生(ケガの保障、退職金準備など)を目的として加入される法人も多くなっています。ただし、保険料の取扱は4分の1損金となります(※)。
※保険期間の経過年数により、損金割合は変わります。

詳しくは「保険の税務」で!

  • 病気は心配ないけど、万一の事故や災害が心配と考える方
  • 従業員の福利厚生を充実させたい法人

長期傷害保険の税務取扱は?
長期傷害保険の「税務取扱」
長期傷害保険はこんな方におすすめ

貴方に最適な保険は?

保険はさまざまな特約を組み合わせて保障(補償)の無駄を省いたり、加入の仕方によって保険料を低く抑えたりと、テクニックも必要です。
また、保険会社によって商品にさまざまな特長があるため、十分に比較検討して最適な商品を選ぶ必要があります。
私たちスリー・エルは、複数の保険会社の商品の中から、皆様に最適な商品をご提案致します。

お問い合わせはこちら!!

  • 上記の説明は一般的な保険の説明であり、特定の保険会社の商品を説明しているものではありません。また、保険会社によって商品名称が異なる場合がございます。
  • ご契約にあたっては必ずそれぞれの保険会社の商品パンフレットおよび「重要事項のご説明・契約概要のご説明・注意喚起情報のご説明」をご覧ください。また、詳しくは普通保険約款・特約集をご用意しておりますので、取扱代理店または引受保険会社までご請求ください。ご不明な点がございましたら、取扱代理店または引受保険会社にお問合わせください。
※当ホームページに記載している税制は、平成27年5月現在のものです。
※税務・会計処理の際には、必ず所轄の税務署や弊社提携会計事務所等の専門家へご相談ください。
1つ前のページへ戻るpagetop