所得補償保険

所得補償保険は、病気やケガによって働くことが出来ない状態になった時に、喪失する収入に対して保険金が支払われる保険です。急な病気やケガで長期間入院されたり、自宅療養により就業不能となった時に、ご家族の生活を支えてくれる保険といえます。ご家族の収入がご主人様だけに限られている場合は、万一に備え加入されることをお勧めします。

保険金のお支払い例

所得補償保険金額 15万円(月額※)、免責期間(※)7日間、てん補期間(※)2年間で契約の場合

突然のケガによる入院と自宅療養で約半年間会社を休んだ。(就業不能期間5ヶ月と22日)

■保険金支払いの対象期間
  5ヶ月と22日-免責期間7日間 ⇒ 5ヶ月と15日
■支払われる保険金
  15万円×5ヶ月+15万円×15日/30日 ⇒ 825,000円

※月額・・・保険会社によっては日額設定の場合もあります。
※免責期間・・・保険金や給付金のお支払いの対象とならない期間をいいます。
※てん補期間・・・免責期間終了日の翌日から保険金お支払いの限度となる期間をいいます。

所得補償保険金額の設定は平均所得額(※1)の範囲内で設定する必要があります

ご契約金額が平均月間所得額(※2)を上回っている場合は、その上回った部分の保険金は支払われませんのでご注意ください。
※1 平均所得額とは、保険契約締結直前12か月における所得の平均月間額をいいます。
※2 平均月間所得額とは、就業不能となる直前12か月における所得の平均月間額をいいます。

この部分は保険金が支払われません。

貴方に最適な保険は?

保険はさまざまな特約を組み合わせて保障(補償)の無駄を省いたり、加入の仕方によって保険料を低く抑えたりと、テクニックも必要です。
また、保険会社によって商品にさまざまな特長があるため、十分に比較検討して最適な商品を選ぶ必要があります。
私たちスリー・エルは、複数の保険会社の商品の中から、皆様に最適な商品をご提案致します。

お問い合わせはこちら!!

  • 上記の説明は一般的な保険の説明であり、特定の保険会社の商品を説明しているものではありません。また、保険会社によって商品名称が異なる場合がございます。
  • ご契約にあたっては必ずそれぞれの保険会社の商品パンフレットおよび「重要事項のご説明・契約概要のご説明・注意喚起情報のご説明」をご覧ください。また、詳しくは普通保険約款・特約集をご用意しておりますので、取扱代理店または引受保険会社までご請求ください。ご不明な点がございましたら、取扱代理店または引受保険会社にお問合わせください。
※当ホームページに記載している税制は、平成27年5月現在のものです。
※税務・会計処理の際には、必ず所轄の税務署や弊社提携会計事務所等の専門家へご相談ください。
1つ前のページへ戻るpagetop