養老保険

養老保険とは、満期保険金のある貯蓄性が高い保険です。保険期間中にお亡くなりになった時も、保険期間満了まで生存された時も、どちらも同じ金額の保険金を受け取れる保険です。つまり、お亡くなりになったらご遺族に死亡保険金が支払われ、生存されていたらご本人に満期保険金が支払われます。この点が養老保険の最大の魅力といえます。ただし、保険料が高くなりますので、十分な死亡保障を確保したい場合は、定期保険と組み合わせたり、特約を付加したりすると良いでしょう。
また、養老保険は従業員の福利厚生プランとしても多く活用されている保険です。税の軽減をしながら従業員退職金の原資を作れるため、多くの法人が活用しています。

ご契約例
ご契約年齢 30歳
保険金額 1,000万円
保険期間 30年
保険料払込期間 30年

保険期間は?

養老保険の保険期間には、5年・10年・15年・・・30年満期や55歳・60歳・65歳満期などがあります。契約時の年齢によって選択できる保険期間は限られ、当然若い方の方がより長い保険期間を設定できます。

解約返れい金は?

養老保険の保険料には、将来の満期保険金の支払いに備えた積立部分が含まれています。これにより、お支払いになった保険料が満期保険金の準備資金として積み立てられますので、解約返れい金もそれに合わせて増加することになります。従って、養老保険は保険期間満了の直前に解約しても満期保険金とほぼ同額の解約返れい金を受け取れますので、急にお金が必要になった場合にも対応できる保険といえます。
また、この高い貯蓄性を利用し、法人でも従業員の退職金準備として活用されています。
契約形態によって保険料の2分の1を損金として処理できますので、損金処理しながら退職金の準備もでき、更に保障の確保や資産形成もできる保険といえるでしょう。

詳しくは「保険の税務」で!

  • 保険金を自分で受け取りたい方
  • 掛け捨ての保険が嫌な方
  • 保障を確保しながら、老後の資金も蓄えたい方
  • 従業員の福利厚生と資産形成、損金作りを同時に行いたい法人

この保険の税務取扱は?
養老保険の「税務取扱」
こんな方・法人におすすめ

貴方に最適な保険は?

保険はさまざまな特約を組み合わせて保障(補償)の無駄を省いたり、加入の仕方によって保険料を低く抑えたりと、テクニックも必要です。
また、保険会社によって商品にさまざまな特長があるため、十分に比較検討して最適な商品を選ぶ必要があります。
私たちスリー・エルは、複数の保険会社の商品の中から、皆様に最適な商品をご提案致します。

お問い合わせはこちら!!

  • 上記の説明は一般的な保険の説明であり、特定の保険会社の商品を説明しているものではありません。また、保険会社によって商品名称が異なる場合がございます。
  • ご契約にあたっては必ずそれぞれの保険会社の商品パンフレットおよび「重要事項のご説明・契約概要のご説明・注意喚起情報のご説明」をご覧ください。また、詳しくは普通保険約款・特約集をご用意しておりますので、取扱代理店または引受保険会社までご請求ください。ご不明な点がございましたら、取扱代理店または引受保険会社にお問合わせください。
※当ホームページに記載している税制は、平成27年5月現在のものです。
※税務・会計処理の際には、必ず所轄の税務署や弊社提携会計事務所等の専門家へご相談ください。
1つ前のページへ戻るpagetop