会計事務所も差別化の時代

私たちスリー・エルと提携し、クライアントの皆様にこれまで以上の幅広いコンサルティングを実施しませんか?

取扱保険会社数とその幅広い商品メニュー

さまざまな商品が多様化し、消費者の商品に対する要求はさまざまで、それぞれ個人にあった商品が求められる時代になっています。電化製品一つをみても機能やデザイン、価格など消費者が商品に求めるものはさまざまです。これは保険にとっても同じことです。保険料、保障内容など、契約者は個々の要求を満たす保険を選択します。保険会社各社は、保険料や保障内容について他の保険会社と競うように商品開発に力を注いでいます。同じ定期保険一つとっても保険会社によって内容はさまざまです。このような状況下でクラインアントにとって最適な商品をご提案するためには、会計事務所でもより多くの保険会社の商品を取り扱うことが不可欠です。

しかし、一会計事務所で数多くの保険会社と代理店契約を締結しても、代理店維持の問題が生まれてしまいます。税務・会計といった本業の中で、全ての保険会社から高い代理店評価を受け続けるのは非常に困難なのです。これまで何社かの保険会社と代理店契約を結ばれていれば、高い代理店評価を維持できている会社もあれば、代理店基準を維持できずに廃業となった保険会社もあったのではないでしょうか?「クライアントにはこの保険会社の商品が良いけど・・・。」といった心当たりがある方もいらっしゃるのではないでしょうか?

私たちスリー・エルと提携して頂けば、そのような貴事務所の問題が一掃出来ます。

弊社は生命保険会社17社、損害保険会社12社の商品を取り扱っており、支店を設置していただければ、その全ての保険会社の商品を直接取り扱うことができ、お客様へご提案できる商品ラインナップを大幅に増やすことが出来ます。また、ほとんどの保険会社から高い代理店評価を受けておりますので、“本当にクライアントにとってベストな商品を提供する”ことが出来るのです。

1つ前のページへ戻るpagetop